FMEA

機械用語集 > その他技術用語 > FMEA

 ●FMEA

FMEAとは、部品設計の段階で予測される不具合を推定し、それに対する対処策を明確にし、部品設計に盛り込んでいくという手法です。

それぞれの部品がどんな使われ方をするのか、その使われ方をしたときにどんな不具合が起こるのかを考え、部品設計の考え方や評価の基準などを従来実績との比較との中で考案し、実行していきます。

FMEAは、設計→生産→物流→使用という流れの中の上流における不具合未然防止の手法といえます。

設計者はFMEAを設計者のみで実施するのではなく、他の設計グループも交えてブレーンストーミング式で意見を交換することで、より効果的に活用することができます。

FMEAに関する本



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.