ベルヌーイの式、ベルヌーイの定理

機械用語集 > 流体力学 > ベルヌーイの式

 ●ベルヌーイの式

ベルヌーイの式とは、流体の単位質量あたりのエネルギーの保存則を表したものです。

流体が、非圧縮性、非粘性、定常流で、外力が重力のみの場合、流体には圧力エネルギー、運動エネルギー、位置エネルギーが存在します。ベルヌーイの式はこれらの総和は常に等しいことを示し、次のように表されます。

 p/ρg + v2/2g + z =const(一定)  (ヘッドでの表現)

 p + ρv2/2 + ρgz =const(一定)  (圧力での表現)

ベルヌーイの式と連続の式を組み合わせると、断面積が減少するような流路では、流れは加速され、圧力が減少し、逆に断面積が拡大するような流路では、流れは減速し、圧力が上昇することがわかります。

前者は、圧力エネルギーを運動エネルギーに変換するタービンや水車に、後者は運動エネルギーを圧力エネルギーに変換するディフューザーに用いられます。

ベルヌーイの式に関する本



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.