粘度、動粘度

機械用語集 > 流体力学 > 粘度

 ●粘度

粘度(粘性係数)とは、流体の粘性(流れにくさ)を表す指標です。身近なもので考えると、水に比べて油は粘度が高いことが直感的にわかると思います。

粘性の生じる機構は液体と気体で異なります。

液体の場合、液体分子の相互に働く引力に起因して粘性を生じます。そのため、液体は温度が上昇すると、分子間の引力が小さくなり、粘度が小さくなります。これは温めた油と冷えている油の違いを見るとよくわかります。

気体の場合、気体分子の衝突によって粘性を生じます。そのため、気体は温度が上昇すると、分子の衝突が活発になり、粘度が大きくなります。

また、粘度と密度の比を動粘度(動粘性係数)といいます。

粘度の単位は【Pa・s】で、動粘度の単位は【m2/s】で表現されます。

粘度に関する本



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.