ハイドロプレーニング現象

機械用語集 > 流体力学 > ハイドロプレーニング現象

 ●ハイドロプレーニング現象

ハイドロプレーニング現象とは、路面に雨等で水が溜まっているときに、タイヤが水面で滑って、コントロールできなくなる現象のことです。

ハイドロプレーニングの限界速度Vh【m/s】はタイヤの空気圧P【Pa】の関数になります。

 Vh = 1.45×103×P1/2

なお、ハイドロプレーニングが起こるのは、水深が3mm以上のときだそうです。



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.