レイノルズ数

機械用語集 > 流体力学 > レイノルズ数

 ●レイノルズ数

レイノルズ数とは、流体の慣性力と粘性力の比を表す無次元数のことです。レイノルズ数を数式で表すと次のようになります。

 Re = 慣性力/粘性力 = ρvL/μ

(ρ:流体の密度 v:流体の平均流速 L:代表長さ μ:流体の粘度)

レイノルズ数は層流から乱流への遷移を示す指標として用いられ、一般的にRe≧2300になると乱流になると言われています。

このレイノルズ数と乱流への遷移の関係を身近な物で考えてみましょう。水や空気のようにサラサラした(粘度の低い)ものは乱流になりやすいのに対し、油のようにネバネバした(粘度の高い)ものは乱流になりにくいことが想像できるのではないでしょうか。

レイノルズ数はその他に、管路の摩擦抵抗や物体に働く抗力に影響を与える重要なパラメータとなります。



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.