幾何公差

機械用語集 > 機械要素・製図 > 幾何公差

 ●幾何公差

幾何公差とは、設計の際に意図された寸法(設計値)に対して、どの程度の誤差を許容できるかという範囲を示すものです。

設計の際は、設計値からどの程度のズレなら製品として成り立つのかを明確にしておく必要があります。その上で幾何公差を決定しなければなりません。

逆に製品の製造上、寸法が幾何公差に収まらないという場合があります。その場合は、製品設計そのものを見直すことも必要になります。

幾何公差に関する本



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.