ストレスクラック

機械用語集 > 材料物性・試験・成形 > ストレスクラック

 ●ストレスクラック

ストレスクラックとは、外部応力や成形加工による残留応力によるクラックのことで、主に環境応力に起因するものと、熱応力に起因するのもに分けられます。


ストレスクラックは、表面や内部に欠陥を有する成形品に応力が作用した場合に生ずることが分かっています。また、温度が高いほどストレスクラックが入りやすく、クラックの進行速度が早いことが分かっています。

ストレスクラックの発生を抑止する方法としてアニーリング(焼なまし)があります。

樹脂の特性に関する本



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.