ビッカース硬さ

機械用語集 > 材料物性・試験・成形 > ビッカース硬さ

 ●ビッカース硬さ

ビッカース硬さとは、対面角が136°のダイヤモンド四角すい圧子を用いて、試験面にピラミッド形状のくぼみをつけたときの荷重を、くぼみの対角線の長さで割った値をいいます。

荷重をP【N】、くぼみの対角線の平均長さをd【mm】とすると、ビッカース硬さHVは次のようになります。

HV=0.18909×(P/d2

ビッカース硬さは単位を表記しません。

ビッカース硬さは、材質が均一であれば、試験荷重に関係なくほぼ一定の値が得られるほか、測定する硬さの範囲が比較的広いことから、最も代表的な硬さ試験といわれています。

ビッカース硬さは、試験荷重と硬さ値を用いて表します。試験荷重が5【kgf】で、硬さが250だった場合、HV(5)250と表記します。


Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.