熱可塑性樹脂

機械用語集 > 材料特徴 > 熱可塑性樹脂

 ●熱可塑性樹脂

熱可塑性樹脂とは、温度を高くなると、液状になり流動性が大きくなる樹脂のことをいいます。樹脂ではありませんが、身近なものとしては油のようなイメージです。

熱可塑性樹脂は、高温で流動性が大きくなる特徴を生かして、高温で型に鋳込み、成形後に冷却するという方法で作られます。

熱可塑性樹脂には主に次のようなものがあります。

ポリエチレンPE
ポリプロピレンPP
ポリ塩化ビニルPVC
アクリル樹脂PMMA


熱可塑性樹脂には熱変形の問題がありますが、エンジニアリングプラスチックス(通称エンプラ)やスーパーエンジニアリングプラスチックス(通称スーパーエンプラ)など、高温でも耐えられるような樹脂が開発されています。

反意語
熱硬化性樹脂

熱可塑性樹脂に関する本



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.