クリープ現象

機械用語集 > 材料力学 > クリープ現象

 ●クリープ現象

クリープ現象とは、材料に荷重を加えたときに、時間とともに変形が増大していく現象のことをいいます。

金属材料では一般的に3段階のクリープがあります。

・遷移クリープ
加工硬化(結晶体の変形とともに応力が増加する現象)により、ひずみ速度が時間とともに減少する状態。

・定常クリープ
熱エネルギーにより組織回復が起こり、組織回復と加工硬化が釣り合ってひずみ速度が一定になる状態。

・加速クリープ
ひずみ速度が増大する現象。加速クリープを経て破断に至る。

クリープ現象は、高温になると著しくなるため、高温にさらさられるような部材では、重点的に考慮される必要があります。



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.