応力

機械用語集 > 材料力学 > 応力

 ●応力

応力とは、ある荷重Wを受けたときに、材料内に生じる単位面積当たりの内力のことをいいます。この内力Pと仮定すると、内力と荷重(外力)は釣り合い、P=Wが成立します。

応力σが材料の断面(断面積Aとします)に一様に分布し、変形も一様に起こるとすると応力は次のように求められます。

 σ=P/A

通常、拘束のない材料に応力が生じると材料には変形(ひずみ)を生じます。材料力学的に応力とこのひずみとの関係は非常に重要視されます。

応力には、物体の変形前の断面積を用いた公称応力と、荷重を負荷して変形中の各瞬間の断面積を用いた真応力があります。工業上は主に公称応力が用いられます。

また、応力には考える面に対して垂直に働く垂直応力と、平行に働くせん断応力があります。


関連ページ 
応力集中
フックの法則

応力に関する本



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.