残留応力

機械用語集 > 材料力学 > 残留応力

 ●残留応力

残留応力とは、外力が作用していないのに生じる応力のことです。

残留応力は、物体を部分的に加熱、溶接、塑性変形させると生じます。残留応力は、物体の見かけの降伏や、ひずみの原因になるという問題があります。

そのため、材料を加工したり、溶接したりする場合は、残留応力の発生には十分留意しておく必要があります。残留応力を見逃すことは、、製品であれば予期せぬ破壊をしたり、試験体であれば実際と異なる結果を生んだりする原因になります。

特殊な場合として、物体にかかる応力と逆方向の残留応力を意図的に発生させて、物体の応力を緩和することがあります。



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.