エンタルピー

機械用語集 > 熱力学 > エンタルピー

 ●エンタルピー

エンタルピーとは、流動状態にあるエネルギー式で使われる気体の状態量のことです。

流動状態にある系において、ある熱量Qが加えられ、内部エネルギーがU1からU2に、気体の圧力がP1からP2に、気体の容積がV1からV2に変化し、外部に対してなされた工業仕事をLtとすると、次式の関係が成り立ちます。

Q=(U2−U1)+(P2V2−P1V1)+Lt

となります。このときH=U+PVとすると、

Q=H2-H1+Lt

となります。このときのHをエンタルピーと呼びます。



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.