エントロピー

機械用語集 > 熱力学 > エントロピー

 ●エントロピー

エントロピーとは、熱量が仕事に変換される量が、可逆変化と不可逆変化で異なることを示すことができる物理量のことです。

可逆変化では不可逆変化に比べて、熱量が仕事に変換される量は大きくなります。エントロピーではその違いを表すことができます。

ある物体が温度Tの熱源からΔQの熱量を可逆的に受取ったときに生じるエントロピーの増加量ΔSは次のように表されます。

ΔS=ΔQ/T 【J/K】

また、ある状態でのエントロピーはS【J/K】と表現されます。

可逆変化では、物体のエントロピーの増加量と熱源のエントロピーの減少量が相殺され、全体としてのエントロピーの変化はありません。しかし、不可逆変化では、全体のエントロピーは増加することになります。

エントロピーに関する本



Copyright (c) mterm-pro. from2005 All rights reserved.